Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最近考えている人生のためになる知恵とかひとりごと5つ。

最近考えている人生のためになる知恵とかひとりごとを5つ書いてみた

期待しないで読むと、

「なかなか良いこと書いてるじゃん。」

と思うかもしれない。

1、自分の終わりと死を意識して生きる。

締め切りがあった方が仕事の能率が圧倒的に上がるように、自分の人生の終わりを意識した方が人生の密度は上がる。

私はもともと死を意識して生きていた。

19歳~25歳のときは本当にそうだった。

 

「自分はきっと来年には死んでしまっているだろう。」

本気でそう思っていた。

だからこそ振り返ると生き急いでいた。

余裕がなかった。

ただあまり望ましくない。

なぜなら、自棄要素が強い意味合いでの考えだったから。

 

しかし、毎年そう思っていたのに26になって

「あれ?俺このまま生きていけるじゃね?w」

ということに気づいた。

 

さらに、旅行で行った札幌に惚れてここに住むことにした。

札幌は東京よりゆったりとしていて、ストレスが大幅に軽減された。

空気も東京よりはるかに良い。

食べ物もおいしい。

不便さが無い。

少し電車に乗れば、気軽に大自然に行ける。

程よく都会。

東京と自然の中間。

 

東京のスピード感、刺激、人の多様性は言うまでもなく魅力的だが、私は疲れてしまった。

札幌で穏やかに暮らしていこうと思った。

友人とは年3回東京に帰るときに会えばいい。

話は大幅にそれてしまったが、こうして私の死を意識することは終わった。

東京にいたころに比べれば、ゆるく生きている。

しかし、ゆるく生きていてストレスを軽減させた分、密度が落ちている。

だから今後は終わりや死を意識して生きたい。

まあ誰でも意識すれば人生の密度は上がる。

問題はどうやって本気でそう思えるのか?ということだ。

2、エネルギーを上げたい。上げる方法は?

シンプルである。

どんなに才能あふれる人でも、エネルギーがなければそれを生かすことはできない。

逆に、才能が無くてもエネルギー量だけで圧倒的な努力を重ね、成果を出している人は多い。

では、どうすればエネルギーが上がるのか?

3、正直に生きること

方法はいろいろあるが、最重要なのは正直であることに尽きる。

自分に正直に生きるとエネルギーが上がる。

逆に自分に嘘をついて生きるとエネルギーが下がる。

これは間違いのない事実。

私はむかしお金のために、まったく好きでもないし、気が進まない嫌な仕事をしていたのでこれは実感している。

嫌なことをやるからエネルギーが下がる。

⇒エネルギーが下がり、ストレスが蓄積される。

⇒ストレス解消のため、暴飲暴食したり依存したり、不健全な行動をとる。

⇒振り返って、罪悪感を感じ、自己肯定感が低下する。

というような負のスパイラルである。

以上の流れから

結局、自分に正直に生きた方がいいよね。

というありふれた結論にたどり着く。

4、失敗を経験ととらえ、プログラムする。

同じ出来事でも、物事のとらえ方で人生が変わる。

なぜ自己否定感が強い人が成功しにくいのかととらえ方が自然とネガティブになるからだ。

失敗する

⇒「やっぱり自分はだめなんだ」「自分には向いてないんだ」と落ち込む。

⇒落ち込むから行動できない。

⇒行動できない自分はダメなんだと罪悪感を感じ、ますます行動できない。

⇒行動できないから、結果的に成功しにくい。

という負のスパイラル。

 

逆に自己肯定感が高い人は、失敗を経験ととらえる。

失敗

⇒経験ととらえる

⇒いちいち落ち込まないので行動し続けられる。

⇒行動し続けられるので、挫折しにくく成功しやすい。

 

このように経験ととらえるからいちいち落ち込まないので、行動し続けられる。

行動し続けられるから、結果的に成功しやすいという事だ。

同じ現象でもとらえ方次第でこうも変わる。

 

ということで、自己否定感が強い人は失敗すると自分はだめだと思い込んでしまうことに原因がある。

だから失敗=良い経験になった。

と変換すればいい。

変換のプログラムを自分に埋め込むのだ。

松岡修造さんの「失敗したらガッツポーズ」という言葉があるけれどもその通りだと思う。

このように失敗=良い経験という風に変換できれば、失敗してもいちいち落ち込まず行動を続けられる。

挫折する確率は大幅に低下する。

こんなことに昨日気づいた。

さっそく昨日から、失敗⇒良い経験になったというプログラムを自分に組み込み始めている。

5、「朝起きたら疲れてる」の対処法

「朝起きたら疲れている」

という経験はないだろうか?

自分はとても多い。

主な原因は、「悪い気分のまま寝ていること」である。

悪い気分のまま寝ると、寝ている間でも悪い気分に支配されるのだ。

だから、起きたら疲れている。

 

ということで、寝る前に自分を褒めたり、好きなことをしたり、自分の気分を少しでも良くしてから寝ることである。

とりあえず昨日やってみたら今日は好調だった。

これも失敗=経験プログラムと同様に、継続的に行い結果が継続するのか見ておきたい。

おわり

そんな感じ。

期待しないで読むと、なかなか良いこと書いてるじゃん。

と思うかもしれない。

少なくても過去の自分がこれを見たら、意識が変わりそうなので気分で書いてみた。

ひとりごとのように、自由に好きに書くのも気分がいいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です