Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「明日やろう」から一発で卒業できる誰も書いていない発想の転換方法

「だるいから明日やろう」

これは私の口癖でした。

 

そしてもちろん明日になってもやらない。

 

気がつけば1週間.2週間と時間が経過している。

何も行動していない自分がいる。

「なんて俺はダメなんだ」と自己嫌悪に陥る。

その繰り返し。

 

今すぐやるのが一番なのはわかっている。

頭ではわかっているんだ。

だけどできない。

 

「明日頑張ろうじゃない、今日、今日だけ頑張るんだ…

 

今日を頑張った者にのみ、明日が来るんだよ…!」

(賭博破戒禄カイジ/大槻)

 

これは文句のつけようが無い名言であり事実。

しかし、そんなのわかっている。

これで頑張れたこともあったけど、もう一押し足りなかった。

 

そしてある発想の転換を思いついた。

 

「明日休む!絶対休む!!遊んで遊んで遊びまくる!!!」

 

「明日やろう」

↓結果

結局やらない。

 

なら明日休もうにしてみたらどうか?

僕は本気で明日休もうと思うことにした。

重要なのは本気で思い、明日休むことを具体的にイメージすること。

 

「明日休もう。」

「明日休もう。」

「明日休もう。」

「明日休もう。」

「明日休もう。」

「明日休もう。」

 

「だから今日やっとくか。」

 

 

 

 

という気持ちになってきます。

(マジです)

 

「だって明日は休むんだから。」

 

明日は休みだ。自由に過ごす。好き放題遊んでやるぜ。

と本気で思う。

とにかく、本気で思うことが大切だ。

本気で思えないときはメモ帳に手打ちで書きます。

こんな感じ↓↓↓

 

辛い仕事でも

「明日からGWだ」

「あと1時間で退勤!明日から2泊3日で旅行だ」

と思うと目の前の仕事を一生懸命やるだろう。

それと同じ。

明日は休みだ!と明日の休み・明日の楽しさを意識すれば、今頑張ろうとやる気が出てくる。

 

そしてやりきる。

明日は休むぞと眠りに憑く。

 

そして次の日になる。

「さーて明日こそ休むぞ」

「明日こそ休むぞ」

「明日こそ休むぞ」

「明日こそ休むぞ」

「明日こそ休むぞ」

「明日こそ休むぞ」

「明日こそ休むぞ」

「だから今日やっとくか」

 

その繰り返し。

 

こうすれば毎日継続できる。

習慣化できる。

とにかく1回やりきる成功体験が生まれる。

 

「明日やろう」と思うと「今」の行動力がなくなる

そもそもなぜ明日やろうと思うと今行動できなくなるのか?

明日やる

だから今は休んでOK。休んでもいい。

という思考だからだ。

 

だからこの発想を逆転させる。

「明日休む!絶対休む!!遊んで遊んで遊びまくる!!!」

・・・だから今はやっとくか。。

 

こんな感じ。

うなく伝わっていないかもしれないが。

ひとまず少しリサーチしましたが、現時点(2018年1月16日)時点でネットや本などでは、僕と同じことを書いている情報はどこにもありません。

ですので、ネットや本などの小さな成功を積み重ねるとか、完ぺき主義を捨てるだとかでうまくいかなかった人にはおすすめです。

実際僕はそんなことでは無理でしたから。

まとめ

とにかく、明日休むということを本気で思うこと。

明日は自由で自分の欲望のままに過ごすことを考えること。

そうすると今行動する力が上がります。

明日やろうと思っている人こそ効きます。

僕はこれで行動力が大幅に上がりました。

100%ではないかもしれませんが、何もしないよりははるかにマシです。

ですので、明日休もうと本気で思って下さい。

そうすると「今」行動したくなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です