Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

空から降る一億の星の感想(ネタバレ)と名場面

空から降る一億の星は2002年に放送されたドラマです。

好き嫌いが分かれる作品ですが私は大好きですので、ここに感想と大好きな名シーン(ネタバレあり)でまとめます。

放送期間と出演者
制作局:フジテレビ
放送期間:2002年4月15日 – 6月24日
放送時間:月曜日21:00 – 21:54(54分)
主な出演者:明石家さんま、木村拓哉、深津絵里、井川遥、柴咲コウ、田山涼成、八嶋智人
脚本:北川悦吏子
最高視聴率:27.00%

1話~最終話直前までのあらすじ☆ネタバレ

涼(木村拓哉)は、優子(深津絵里)の親友の西原 美羽(井川遥)に財産目当てで近づきます。

そして美羽の恋心を利用し、邪魔な存在である柏木 直哉(大澄賢也)を殺害させます。

自ら犯人として名乗りあげますが、すべては計算で、涼が自分を庇ってくれたことにショックを受けた美羽は、犯人は自分であると遺書を残し自殺します。

そして以前にも同じような手口で、財産目当てで近づいた三田の女子大生を宮下 由紀(柴咲コウ)に殺害させています。

以上の2点を優子の兄である完三(明石家さんま)に見破られます。

 

危険を察知した完三は妹である優子に「あいつには近づくな」と警告するも二人は惹かれ合います。

交際に気づいた完三は追い込まれ、「こうするしかなかった」と涼をナイフで刺します。

兄をそこまで追い詰めてしまったことに優子は責任を感じ、会うのを辞めようとします。

しかし、見合い相手の日下 圭太(八嶋智人)に背中を押され、結局涼の元に戻ります。

そして、誰も愛することが出来なかった涼は生まれて初めて人を好きになり、涼(木村拓哉)と優子(深津絵里)は結ばれます。

 

初めて人を愛することができた涼は、利用して関係を持っていた柏木 小百合(とよた 真帆)とも「もうあんたとは会わない」と宣言します。

相思相愛になり幸せの絶頂にいた二人でしたが、優子から完三とは実の兄弟ではないことを聞かされます。

そして、熱湯の入ったやかんをこぼしたことにより涼は過去の記憶が蘇り、優子が実の妹であることを思い出します。

あまりのショックに涼は優子の前から姿を消します。

以上、最終回直前までのあらすじです。

個人的に大好きな涼と優子のシーン3つ

私は深津さんが好きなのでやはり魅力が出ているところが好きですね。

傷ついている涼を優子が母性で包み込んでいるシーンはとても好きですね。

1.第3話 二人惹かれあう名シーン。

「火傷おそろいだね」 19:39~24:14

初めて二人の心が近づくシーンです。

「そんなふうに言わなくていいよ」からの深津さんの名演技が素晴らしいですね。

火傷おそろいだねの言葉が印象的です。

外せない大事なシーンですね。

優子「なんかあなたそういう気がした。」

優子「あたしあなただいたいなんて聞く前からわかるよ。」

涼「だったら言うなよ。」

優子「それもわかったよ。」

優子「でもなんか聞きたくなる。」

・・・

涼「俺も火傷のあとあんだよ。」

涼「見る?」

優子「どうしたの?」

涼「小さい頃。」

優子「痛い?」

涼「何が?」

優子「ここ痛い?」

涼「いや」

優子「痛くないんだよね跡って」

優子「痛そうなのに。」

涼「でもこれ結構使えるんだよね。」

優子「え?」

涼「女の子が喜ぶ。」

涼「ほら、服脱いだときとかさ、ああかわいそうとかああ痛そうとか、
気引くには一番使えるかもしんない。」

優子「そんな風に言わなくていいよ。」

優子「嘘だよそんなの。」

優子「痛くて熱くて悲しかったよ。」

優子「私気がついてたよ。
小学校のプールの時間でも中学校の更衣室でもみんなかわいそうって顔で見てた。
全然気にならないよって言いながら眉ひそめて盗み見てるんだよ。
私の火傷の跡・・・
かわいそうって同情して・・・」

優子「ずっと一人だった」

優子「あなた違うの?」

優子「すごく孤独な目してるよ。」

涼「触んなよ。」
涼「そんな目して触んなよ。」
涼「悪いけど帰ってくんね。」
涼「あんたといるとまじ調子狂うから」

優子「帰るよ。」
優子「ごちそうさん。美味しかったよ。
優子「休みの日にごめんね。」

優子「ねえ、、火傷おそろいだね。」

優子「私なんでかわからないけど、あなたといると寂しくなるよ。
自分が本当は寂しかったこと思い出しちゃうよ。
変だね。」

2.第8話 過去のフラッシュバックを思い出し動揺する涼を包み込む優子

「あなたの心は私が守る」 20:21~26:43

過去のフラッシュバックで動揺した涼。

そこに優子が超越した母性で包み込み、「あなたの心は私が守る」と傷つく涼を抱きしめます。

優子「今、あなたがいて、私がいて、それじゃだめ?」

涼「それでいい。」

涼「でも苦しい。」

優子「どうしたい?」

涼「本当のこと知りたい。」

優子「・・・あんまりいい予感しない」

涼「でも知りたい」

優子「わかった。」

優子「あなたの心は私が守る」

3.第9話:結ばれた二人

優子と涼の交際を知った完三が涼を刺します。

そこまで完三を追い詰めてしまった優子は罪悪感から涼から離れようとします。

涼もそれを感じ取り飼っていた鳥を放そうとしますが、そこに優子が戻ってくるシーンです。

そして二人は結ばれます。

優子「飼われてた鳥は一人じゃ生きていけないんだよ。言ったじゃん。」

優子「一度抱きしめた心は、もう一人じゃ生きていけないんだよ。」

優子「一度触れたらずっと抱きしめてて」

優子「私、あなたが人殺してたとしても
私、あなたのことわかろうとすると思う。」

ちょっと頑張ったらわかるような気がする。
あなたのことだったら。」

最終回 ネタバレ

愛していた優子が妹であることを知った涼は姿を消します。

そして完三のもとに行き、完三にたずねます。

涼「俺と優子、兄弟?」

完三「そうや」

 

涼は寂しさから再び小百合の元へ戻ります。

そこに優子が現れるも、妹である真実を知った涼は優子に冷たく接します。

その後小百合と関係を持つも、「もうやっちゃった?笑 どんな感じなのかしらね、兄弟でやる・(ピストル音)」という言葉にキレ、涼はピストルで小百合を殺害します。

優子は涼の父親が完三に殺害されたことを知り、また、涼の「僕には神様がいない」という幼い頃の作文を読み、涼は復讐のために自分に近づいたのだと勘違いします。

涼への愛情が憎しみに変わります。

 

昔の住んでいた家に涼がいることを突き止めた優子は、涼の元へ向かいます。

「お兄ちゃんは私が守る」と言い、愛情だと思っていた涼への憎しみをぶつけます。

そして、そばにおいてあったピストルを奪い取り、涼に向けます。

優子が誤解していることを察するも、真実を話すことは無理だと観念した涼は涙を流しながら微笑みます。

そして、「俺、愛とかそういうのよくわからんないけど、優子のことは愛してた。」

と涼が立ち上がった瞬間、優子がピストルで涼の腹を打ち抜きます。

 

動かなくなった涼に優子は事の重大さに気づきますが、涼のポケットから完三への手紙を見つけ読み始めます。

そこには、三田の女子大生を殺害したことや今まで誰も愛したことがなかったことが書かれています。

そんな自分だったけれど、優子に会って初めて人を好きになった。

だから優子が本当は実の妹であると知ったときはさすがに参った。と書かれていた。

すべての真実を知った優子は泣き崩れます。

そして、涼が幼いころ書いた思い出の絵の場所に涼のからだをひきづりながら向かい、すでに冷たくなった涼をボートに乗せ自分も乗り込みます。

そこに完三が駆けつけますが、遅すぎました。

「お兄ちゃんごめんね」と囁き、完三の目の前で優子はピストルで自分の頭を打ち抜きます。

冷たくなった二人が寄り添うように眠っていました。

まとめ

正に悲劇です。

サスペンスの要素もありますが、悲劇であることに変わりはありません。

当時私は14歳ながらも大きな衝撃を受けました。

そして、評価が真っ二つに分かれる作品です。

「暗い」「全然面白くない」という意見と「良い!」の2種類に分かれます。

個人的には深津絵里さんの演技が素晴らしくて思いっきり惹かれましたし、今みても心が揺さぶられますね。

表情の豊かさと自由な雰囲気がたまらないですし、今の若い女優さんにはいない存在感があります。

キムタクもロングバケーションとこの空から降る一億の星は好きです。

ドラマ・映画好きなら「Hulu」おすすめ

「Hulu」は、海外ドラマ、国内ドラマ、映画、アニメなど映像コンテンツが見放題の定額制動画配信サービスです。

「Hulu」加入数は155.4万件!

今なら2週間無料でドラマ・映画見放題です。

なんと無料期間中で解約すれば0円!

2週間見て、気にいらなければ無料で解約できます。

無料期間中に見たいドラマや映画を見てしまうのもありです!

解約もPC・スマホで簡単にできました!

【Hulu】2週間無料トライアルで見て見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です