Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電話営業で成約率を上げるために心がけている5つのこと

私は派遣社員でコールセンターの営業で4ヶ月連続でトップをとり続けています。(今のところ)

トップをとるために成約率を上げる上で心がけている5つのことがあります。

1.自信

とにかく自信を持つことです。

自信がない人からは誰も買ってくれません。

良い商品だと思っても、自信がない人だと購入者は不安になるからです。

基本中の基本ですが、365日自信を持ち続けるのは難しいので日々自分に問いかける必要があります。

2.言い切る

ハッキリと言い切ります。

これも自信に直結していますが、言い切ってくれる人を人は信用します。

論理なんて後付けです。

ウダウダしたりハッキリしない男に誰もついていかないように、言い切らないとお客様の不安を解消することはできません。

お客様の不安を解消するためにもハッキリ言い切りましょう。

3.感情をこめる

すべての感情はお客様に伝わります。

ポジティブな気持ちであればお客様もポジティブな気持ちになります。

ネガティブな気持ちだとお客様もネガティブな気持ちになります。

商品を売るのには感情が必要です。

感情が必要なければ、きれいなオペレーターの音声テープを電話越しに聞かせればいいのですから。

4.感謝の気持ち

別にきれいごとを言うつもりはありません。

しかし、感謝をすれば成約率が格段に上がるのです。

感謝は最もポジティブな感情なのです。

自信と感謝に溢れているときは獲得できるのが当たり前になっていきます。

逆に感謝がなく愚痴ばかりになっているときは、断られるのが当たり前になっていきます。

精神状態だけで同じ人間とは思えないほどです。

5.勧める商品に絶対的自信を持つこと

これも綺麗事ではありません。

自分のすすめる商品に心の底から自信を持つことです。

「うおー、ほんといい商品だな」と思いながらやると本当に成約率が上がります。

獲得は自分の成績のためにやるのではありません。

そして、人は押し売りを嫌います。

これいい商品だから絶対買いなよ!⇒買わない

なんてこれはいい商品なんだ!!素晴らしい!!⇒気になる

あくまで商品のよさを絶賛するだけです。

「買う買わないは自由ですが、いい商品なのでもったいないですよ。」

「みなさん使ってますよ。」

というスタンスで私はいます。

この押し引きはフィーリングです。

買う買わないを決めるのはお客様なのですから。

まとめ

これがコールセンターの営業で4ヶ月連続でトップをとり続けている(今のところ)私のメンタル面で心がけていることです。

どれも基本ですので当たり前と思うかもしれませんが、その当たり前を当たり前のようにやり続けるのです。

そして、結局は自信ですね。

自信のある人に人は魅力を感じるのです。

鬱状態ではどんな素晴らしい商品でも売れません。

とにかく、この基本を毎日継続していくのです。(人間ですのでそれがなかなか難しいのです)

ですので、日々この基本を心がけているかを自分に問いかけていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です