Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

完璧な記事を目指すと結局何も書かないから適当でも書いたほうがいい。

ずっと完璧な記事を目指してた。

「こんな内容じゃ見せられねーよ」

そうやって書いては下書きに消える記事が50を超えた。

たった3行しか書いてないものもある。

内容もとても未熟で幼稚なもの。

とても見せられたものではない。

 

「これが自分で大満足の記事!

どやっ!!」

ってやつしか見せたくない。

でも結局何も結果が出ていない自分がいる。

だから未完成だろうとどんどん公開していくことにした。

そのほうが経験値がつめると思ったからだ。

それが自分のためだからだ。

何もしないよりははるかにマシ。

間違っているかもしれないし批判があるかもしれないけれど、それでも何もしないよりはマシ。

未熟でもやること。

もちろん完璧なのが一番いいし、完璧を目指すべきだ。

しかし、それで挫折していたらどうしょうもない。

ひとまず作業量を増やしばしばし公開する。

「完璧を目指すよりまず終わらせろ」

とFACEBOOK創業者のマック・ザッカーバーグも言っている。

後で見たら恥ずかしくなるだろう。

それなら修正すればいい。

それを繰り返す。

それが地道で遠回りな最短ルートだと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です