Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【君といた未来のために】堀上篤志の七度目の人生までのまとめ

君といた未来のためにの堀上篤志の七度目の人生までのまとめです。

最初の人生 人生やり直したい。

受験に失敗。

アルバイト生活。

父親との不仲。

など人生やり直したいとずっと思っている大学生、堀上篤志。

1999年12月31日にむかし母親と観た「忘れもの森」の上映されていることを知り、観ていたところ、心臓発作に襲われ死亡する。

1999年12月31日心臓麻痺。

2度目の人生 金と名誉を手に入れる人生

目が覚めたら1995年12月23日だった。

最初の人生の記憶を生かして、競馬を的中させる。

最初の人生の記憶を生かして、大学受験に合格する。

最初の人生の記憶を利用し、たまごっちをブレイクさせ、時の人として注目される。

名誉を手に入れ、西野さやかと付き合う。
ビジュアル系バンドをプロデュースして、西野さやかにプレゼントする曲を作らせる。

母親と住んでいた思い出がある家を買い戻す。
その際に、記者から母親が災害ではなく、自殺であることを知り、世間体を理由に隠していたと教えられ、父親を問い詰める。

自分がビジュアル系バンドを先取りしてデビューさせてしまったために、時代の流れが変わり、最初の人生との歪みが生まれたことから、今までの記憶を頼ることに限界を感じ、引退を決断する。

しかし、シゲのCD買い占めがバレ、契約金をもらってしまったことから仲違いし、会社は大損害を被り、シゲと絶交する。

アツシにも盗作による逮捕状が出て、家も失い、無一文となる。
シゲが競馬を外し、アツシの目の前で、トラックに轢かれて自殺する。
12月31日、ゆかと天文台で再会し、ゆかの気持ちを知り、その直後、心臓発作で死ぬ。

1999年12月31日心臓麻痺。

3度目の人生 二度目の人生を反省し、自分らしく穏やかに過ごすことを心に決める。

ゆかと付き合う。

最初の人生で西野と付き合っていた元同級生が西野と付き合っていないことから、自分以外にも人生を繰り返している人間Mがいることを知る。Mにゆかが狙われていることを知る。

また、キャミソールが2年早く流行ったことから関係者を探っていき、マキに辿り着く。
最初は、マキがMかと思ったアツシだが、違うことがわかりお互い同じ繰り返し人生を送っている存在として仲良くなる。
父親がMにより、贈賄容疑で逮捕される。

ゆかがニセの電話で病院に呼び出され、強盗に遭遇する。
そこで、Mが黛だとわかり、父親など自分達の周りを狙っていることがわかる。

最初の人生のシゲの自殺の原因である、施設の金銭問題を突き止め、父親に交渉してもらい、解決。
はじめてシゲの自殺を食い止めることに成功し、思い通りの人生を過ごす。

1999年12月31日心臓麻痺。

4度目の人生 世捨て人のように過ごす

理想通りの人生を過ごすことが出来た3度目の人生がすべて無くなってしまったことに強い喪失感を感じる篤志。

黛と豪遊しながら、犯罪の証拠を掴み、他の人の人生を狂わせないためにも、黛を刑務所で過ごさせる。
黛はその後自殺する。

その後は、「他の人の人生に影響を与えないように」マキと二人で世捨て人のように海辺のコテージで過ごす。

シンヤが訪ねてマキを取り戻しに来るが、マキが花瓶でシンヤの頭を殴り、追い返す。

1999年12月31日心臓麻痺。

5度目の人生 自分だけ戻って来た。

1997年2月に戻ってくる。

マキと黛を訪ねるも、二人とも最初の人生のまま過ごしていて、記憶が無く、戻って来ていない。

マキの過去を知り、シンヤと揉み合ううちにマキはシンヤを殺してしまう。
マキは刑務所に入る。

篤志は、手紙を見つけ、母親が生きていることを知り病院に行くも、崖から落ちて意識不明となり、そのまま意識が戻ることなく心臓麻痺。

1999年12月31日心臓麻痺。

6度目の人生 一瞬。

一瞬だけ映画館に戻り、マキと黛が同じ場所にいるのを見つける。

1999年12月31日心臓麻痺。

7度目の人生 黛にコントロールされた人生

1999年までマキもアツシも戻らず、黛に人生をコントロールされる。(黛は1994年に戻って来ていた)

古時計の仲間や父親との確執が根強い状態。

戻って来てから、父親をコントロールするきっかけになった医者に嘘を吹き込んだ黛を突き止め、父親に話し誤解が解ける。

最初の人生でマキも同じ映画館にいたことを知り、黛も一緒にいたことを突き止め、12/31にあの日の全員が集まれば、この繰り返し人生から抜け出せるのではないか?と黛に提案する。

母親がこの人生の繰り返しを引き起こしている張本人だった。

父親とアツシの3人で映画を観れたことに満足し、母親は死に、2000年1月1日を迎えることがてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です