映画『響 -HIBIKI-』のあらすじ(ネタバレ)と感想

映画『響 -HIBIKI-』を昨日DVDで見終わりました。

あらすじ(ネタバレあり)と感想を書いて聞きます。

映画『響 -HIBIKI-』の作品情報

作品情報と予告動画は以下の通り。

【公開】2018年(日本映画)
【原題】柳本光晴
【監督】月川翔
【脚本】西田征史
【キャスト】平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、柳楽優弥、小栗旬、笠松将など

【作品概要】
この作品が映画初出演となる欅坂46の平手友梨奈主演で、文芸界を舞台に15歳の天才女子を主人公にした柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。
主人公の響役を平手友梨奈が演じ、編集者の花井役を北川景子が務る。
また響が所属する文芸部の部長で、響の圧倒的な才能との差に苦しむ女子高生・祖父江凛夏役を8年ぶりの実写映画出演となるアヤカ・ウィルソンが集結。

主要キャスト9人と簡単な性格

1.平手友梨奈(鮎喰響 役)
15歳の高校一年生。文才と感性については天才的だが、ストレートな言動や感情空回りと軋轢をしばしば生む。

2.北川景子(花井ふみ 役)
『木蓮』の編集者で響と出会う。

3.アヤカ・ウィルソン(祖父江凛夏 役)
ベストセラー作家を父に持つ、作家志望。

4.高嶋政伸(神田正則 役)
自分にプラスになることだけを選ぶ『木蓮』編集長。

5.柳楽優弥(田中康平 役)
『木蓮』の新人賞を響と分け合った若手作家。

6.北村有起哉(鬼島仁 役)
かつての芥川賞作家。響曰くかつての天才。

7.野間口徹(矢野浩明 役)
響を追う週刊誌の記者。

8.吉田栄作(祖父江秋人 役)
ソフエストという熱狂的な読者をもつベストセラー作家

9.小栗旬(山本春平 役)
芥川賞に執念を燃やす作家。

あらすじとネタバレ解説

あらすじをネタバレ含み解説していきます。

SCENE1 出版社

『木蓮』の新人賞応募部門に一つの作品が届く。

規定ではネットのみの応募のため廃棄されるも、花井ふみ(北川景子)が手に取り読み始める。

新人離れした文章に才能を感じた花井ふみは、「この作品を世に出したい」と絶賛し熱意を持つ。

作品名は『お伽の庭』。作者は鮎喰響。

連絡先がなかったため、ふみは作者からの連絡を待ち続ける。

SCENE2 学校

鮎喰響(平手友梨奈)は15歳の高校生で学校生活を送っていた。

文芸部に入部しようとするも、たまり場となっていた上級生に拒否される。

威圧的な態度で接するタカヤ(笠松将)は響の襟首をつかむも、響はタカヤの指を逆に折り返す。

涼しい顔で反撃する響の態度に恐怖を覚えた上級生たちは文芸部を退部する。

SCENE3 屋上

部長の凛夏(アヤカ・ウィルソン)は部員が減った代わりに、響に新しい部員を集めてくるように指示する。

響はわかったと言い、タカヤにまた入部してほしいと伝える。

指を折られたらタカヤは当然拒否するも、屋上から飛び降りたら再入部してやってもいいと伝える。

響が涼しい顔で飛び降りる寸前で立ち続けていることを見たタカヤはわかったから戻れと伝えるも、風が吹き、響は屋上から落ちてしまう。

幸い木がクッションとなり響は無事だった。

響の行動に驚いたタカヤは再入部することを承諾する。

SCENE4 電話

響は出版社に電話していた。

最初は事務的な対応をしていた花井ふみだったが、響だとわかると興奮し、連絡を待っていたことを告げる。

響は『お伽の庭』はどうだったかと感想を尋ね、ふみはすごくよかったと大絶賛する。

それを聞いた響きは「ありがとう」と告げそのまま電話を切る。

連絡先を聞けなかったふみは落胆し、このままだと出版できないと編集長(高嶋政伸)から言われ、ふみは途方に暮れる。

その後『お伽の庭』の評判は各作家や出版社で話題になり、他の作家たちも天才だと絶賛する。

SCENE5 嫉妬

凛夏は入部を喜び、部員全員に短編を書いてくることを指示する。

響は授業中に書き上げたと短編を凛夏に渡す。

響の作品を読み終わった凛夏は響の作品の素晴らしさにショックを受ける。

SCENE6 作家の娘だった凛夏

ふみは、大ベストセラー作家、祖父江秋人(吉田栄作)の原稿を取りに行くよう編集長から言われる。

また、その娘である凛夏の作品もデビューさせるように言われ、凛夏に祖父江秋人の娘であることを公開して出すことを提案する。

凛夏は大ベストセラー作家の娘だったのだ。

凛夏は考えさせてほしいと返事を保留にする。

SCENE7 出会い

ふみが祖父江秋人の部屋に行くと響が椅子に座っていた。

ふみが、勝手に座ってはいけないことを注意するも「あなたは本人ではないのだから関係ない」と響は反抗する。

無理やり部屋から連れ出そうとするふみに響は抵抗し、もみあいになり、凛夏が引き留める。

凛夏から響という名前を聞いたふみは鮎喰響ではないか?と尋ね本人だとわかると「あなたを探していた!新人賞絶対とれるから!」と全力で喜ぶ。

SCENE8 出版社

芥川賞作家、鬼島仁(北村有起哉)は出版社を訪れていた。

そこで祖父江秋人の娘である凛夏のデビューを聞き、文句を言い、ちょうど尋ねてきた凛夏を暴言で侮辱する。

そこに現れた響が無言で回し蹴りをする。

必死で謝るふみだが、響は「友達がイジめられてたから助けただけ」と涼しい顔で言い放つ。

SCENE9 Bar

バーで飲んでいた鬼島の元を響が訪れ、「賞をとるまでのあなたは天才だった。だけど今はつまらない」と言い放つ。

鬼島は素直にその通りだと認め、響の作品『お伽の庭』は素晴らしかったと絶賛する。

SCENE10 新人賞受賞

響の『お伽の庭』は新人賞を受賞した。

響に対抗心を燃やした凛夏は祖父江秋人の娘であることを公開することを決める。

新人賞受賞の日、W受賞の田中康平(柳楽優弥)は響が女子高生だとわかると敵意をむき出しにする。

響も田中の小説を「ひとりよがりだった」と正直に言い放つ。

「殴るぞ」と言われ威嚇された響は攻撃しようとするもふみに止められる。

授賞式が始まり、田中がスピーチを始めた瞬間、響はパイプ椅子で殴りかかり会場は騒然とする。

響は田中に「ちゃんと私の小説を読んでから批判して」と告げる。

響の真っすぐさに観念した田中は、悪かったと謝り響も謝り、「仲直りした」とふみに告げる。

SCENE11 絶交

凛夏の本は20万部以上の売り上げを記録。

響は凛夏に「つまらなかった。なんなのあれ」と言い放つ。

怒った凛夏は「芥川賞ノミネートの日まで絶交ね」と告げる。

SCENE12 ノミネート

凛夏は自宅で、響が芥川賞・直木賞のWノミネートのニュースを見ていた。

自分がノミネートされなかったことを知り、悲しみに襲われる凛夏。

その後ろに響がいた。

「今日は仲直りの日でしょ」と告げる響。

「私たちは友達じゃない」と一度は追い返す凛夏だったが、それは本心じゃないことを見抜似ていた響がドアの外で待っていて二人は仲直りする。

凛夏は私はあなたみたいに天才じゃないと素直に響への嫉妬を打ち明ける。

SCENE13 Wノミネート

響の『お伽の庭』が芥川賞・直木賞のWノミネート。

しかも15歳の女子高生という事で注目される。

注目されたことで、新人賞授賞式での田中をパイプイスで殴った映像が流される。

暴行の謝罪が必要だとふみは響に問いかけるが、「田中本人には謝罪して私たちは仲直りしている、どうして世の中に謝らなければならないのか」と拒否する。

SCENE14 記者

記者である矢野(野間口徹)は響を追って学校後に待ち伏せる。

抵抗を感じた響は矢野のカメラを奪って道路に投げ破壊する。

さらに矢野の自宅を突き止め、報道しないように詰め寄り、討論の末矢野は承諾する。

SCENE15 発表の日

芥川賞・直木賞の発表の日、東京を訪れる響。

動物園に行きたいと言う響にふみは一人で来るのかと思っていたが、文芸部の4人がやってきて驚くも、響は文芸部の課外活動ということで丸め込まれる。

そして夜、響が芥川賞と直木賞をW受賞したと連絡が入る。

SCENE16 受賞会見

響が危険な行動をしないかどうか不安を感じたふみと編集長は作戦を考える。

響にフードを被らせ、記者の質問に対しては、響の答えを自分が聞き、その後自分が記者の質問に答えると告げる。

当然、会場は記者たちの不満でいっぱいになる。

響と一悶着あった矢野が質問しようとすると、「あなたの質問は私が答える」と響が自分の言葉で話し始める。

響との言い合いに負けそうになった矢野は、凛夏と響、二人の女子高生が同時にデビューするなんておかしい、話題作りのためだ、本当はふみが小説を書いているのだろうとふみを攻撃する。

違うと頑なに否定するふみだが、困っているふみを見て響はフードを脱ぎ捨て矢野にマイクを投げつけ飛び蹴りを食らわす。

騒然とする会場を逃げ出したふみと響。

どうしてあんなことしたのと問い詰めるふみに響は「自分のことなら我慢するつもりだったけど、ふみがいじめられていたから」と告げる。

編集長は「これじゃ本は出せない」と響に告げる。

SCENE17 踏切

帰り道、電車の踏切で遮断機に手をかけている山本(小栗旬)に「理由を教えて納得したらあなたの前から消えるから」と声をかける。

山本は4年連続で芥川賞にノミネートするもすべて逃していたことを打ち明ける。

「あなたの小説を読んで面白いと思った人は少なくともいる。人が面白いと思った小説に作者の分際で何ケチつけてんのよ」と一刀両断する。

響は自分も小説家であり、「傑作を書いた覚えはないから私はまだ死ねない」と話す。

そこへ電車がやってくる。

今すぐ逃げろと言う山本に、響は動かない。

響の目の前で電車は停止する。

LAST

出版社ではたくさんの電話が鳴っていた。

ふみが自分を使命した電話をとると、響だった。

ふみは「無事本が出版できることになった。初版は100万部」と大喜びで告げる。

印税はいくらぐらい入る?と尋ねる響。

1億4000万ほどと聞いた響は安心して電話を切る。

警察に連行されていた響は、鉄道会社から数千万以上の請求されるぞと脅されるも「たぶんそれは大丈夫」と返答する。

おわり

平手さんの演技力を絶賛する4人

平手さんの好演が光り、実際4人の方が具体的に褒めています。

1.北川景子さん

共演者の北川景子さんです。

「何をするにも“している”感覚がないところがすごい。カメラの前に立つと目の色がかわって、ぐっと集中している。響のキャラクターを勉強してきているように見えるんだけど、そんな感じが無いし、『そういう(スイッチが入ったような)感覚がないです』

引用:「平手友梨奈がヤバい」北川景子“天才ぶり”絶賛<響 -HIBIKI->

下記ツイッター動画でも42秒辺りで「役に入っている感覚がない」と具体的に絶賛されています。

北川さんの前では平手さんは穏やかな表情になり普通の17歳の女の子ですね。

心を開いているのがわかります。

2.映画監督 月川翔さん

響のメイキングより引用し、平手さんとの出会いを喜んでいます。

「最初に平手友梨奈として会った時は繊細でなんでこんなに背負ってしまったんだろうと思った」

「響でいる時は自由で自然だった」

「今は響を経た平手友梨奈という感じ」

3.西田敏行さん

引用:https://image.middle-edge.jp/medium/10f23e32-a451-46ea-9f20-ad5b58a22f24.jpg?1468752818

釣りバカ日誌などでお馴染みの名俳優西田敏行さんです。

以下の通り、非常に具体的に褒めています。

平手「はじめまして平手友梨奈です。自分はお芝居に対して、自分に嘘をついているんじゃないかなと色々疑問を持ったりしたんですけど、そんなことはなく。自然体でやれたのがすごく嬉しかったです。これを機に、チームの皆さんと今まで自分に関わってくださった皆さんに感謝したいと思います。ありがとうございました」

西田「友梨奈さん、あなたのお芝居ね、僕好きだったんですよ」

平手「ありがとうございます」

西田「あんまり表情は変わらなかったですけど、なんか心のなかでは青白い光がグーっと炎が燃えてて、燃焼度を感じました。素晴らしいです」

平手「ありがとうございます(ぺこ)」

西田「表情を変えず…屋上から落ちちゃいましたね」

平手「はい…(少しニコっと)」

西田「ものすごい表情になるはずなんですよ。誰でも。淡々と落ちてられましたね」

会場笑い

平手「全然むしろ楽しくて。全然もっと高いところからでも大丈夫だったんじゃないかなって思ってます(笑)」←笑顔が可愛い

引用:欅坂46まとめきんぐだむ

4.坂上忍さん

絶賛しているわけではないですが、アカデミー賞授賞式の際に具体的なコメントで平手さんを気にかけています。

はまり役すぎた平手さん

何も言わないので下記の2つのインスタ画像を見て下さい。笑

 

View this post on Instagram

 

本日、平手友梨奈さんによる原作表紙の再現ビジュアルが解禁となりました✨ 情報解禁を記念して、映画『響 -HIBIKI-』SNSアカウント初のキャンペーンを開催! #柳本光晴 先生による原作「響~小説家になる方法~」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載中)1~6集のセットを抽選で5名様にプレゼントいたします。 📚応募方法📚 1: 映画『響 -HIBIKI-』公式Instagramアカウント(@hibiki_movie )をフォローする 2: 再現ビジュアルの投稿にいいね&コメントする 応募期間:〜8/5 23:59まで 当選者にはこちらのアカウントからDMでご連絡させていただきます。 #映画響 #原作本 #平手友梨奈 #キャンペーン企画

映画『響 -HIBIKI-』さん(@hibiki_movie)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

映画『響 -HIBIKI-』SNSアカウントのキャンペーンを開催! #柳本光晴 先生による原作「響~小説家になる方法~」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載中)1~6集のセットを抽選で5名様にプレゼントいたします。 📚応募方法📚 1: 映画『響 -HIBIKI-』公式Instagramアカウント(@hibiki_movie )をフォローする 2: 再現ビジュアルの投稿にいいね&コメントする 応募期間:〜8/5 23:59まで 当選者にはこちらのアカウントからDMでご連絡させていただきます。 #映画響 #原作本 #平手友梨奈 #キャンペーン企画

映画『響 -HIBIKI-』さん(@hibiki_movie)がシェアした投稿 –

感想、まとめ

平手さん演じる響に引き込まれました。

北川景子さんの言うように、自然体すぎて「演技している感がない」のです。

ただただそこに響がいて、話したり行動しているだけ。

特に目が良くて響そのもの。

平手さんも「ずっと響でいたい。響が大好きです」とインタビューで豪語するほどで監督、共演者も絶賛しています。

とても17歳で映画初出演とは思えないオーラと存在感です。

曲がったことが嫌いな響の行動に真っすぐさを感じて好感を持つ人は、魅了されるでしょう。

逆に、それをわがままや自分勝手、周りを気遣うべきだと常識的な視点でしか見れないとこの映画はつまらないと感じるでしょう。

平手さん以外だと柳楽優弥さんの演技が個人的には好きです。

彼の演技を見るのは8年ぶりぐらいでしたが、脇役がもったいないほどに感じました。

原作は知らなくても十分楽しめます。

私はDVDも豪華版で購入しましたが、買って良かったですし今後も定期的に見る作品となるでしょう。

DVDだけでなくブルーレイももちろんあり、久々に見てよかったと思える映画でした。

買うならAmazonがおすすめです。

created by Rinker
東宝
¥5,649 (2019/12/14 00:23:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です