Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

繊細すぎるHSPが向いている「現実的な」仕事とは?

HSPの最大の悩みと言えば、仕事です。

HSPであれば必ず悩み苦しむ一番の壁となります。

私も初めての会社は1ヶ月で辞めました。

「すぐ傷つく自分が嫌い」

「とにかく辞めたい。開放されたい。」

「仕事すること自体向いていないのではないか」

精神的に追い詰められて、もう無理でしたし、自分を責めていました。

HSPの理想は芸術家だが・・・

HSPが向いているのは言うまでもありませんが、感性を発揮できるものです。

理想は芸術家です。

  • 芸術
  • 自然
  • 共感性

これらを発揮する仕事に就くのが理想的です。

「自分も芸術家になりたい!」ずっとそう思っていました。

しかし、芸術家で食べていけるほど成功できるのはごくごく一部の人間になります。

副業ならまだしも、本業だけで生活していくのは難しいかもしれません。

もちろんあなたがどうしてもやりたい、心に惹かれるものがあるのならHSPなのを生かして全力でやればいいと思います。

しかし、

  • 現実的に人より秀でている特技がない
  • 極めたいというほどのものがない

という方のために「現実的な仕事」の選び方や心がけることについて書いていきます。

HSPの向いている現実的な仕事を探す上で心がけること7つ

1、仕事より職場の人と環境で選べ。

仕事内容で探しがちですが、大事なのは環境です。

どんなに好きな仕事でも職場の人が無神経だったり威圧的な人ならおしまいです。

HSPはつぶれます。

逆に優しい人達・ストレスが少ない職場であれば、仕事は普通程度を辞めずに続けることができます。

でも、入ってみない職場の人や環境なんてわからないですよね。

もちろんそうですが、良い環境である確立の高い職場の選び方があります。

2、仕事は客層で選べ。

客層で選ぶことです。

客層が悪い人と関わるほど些細なクレームがつくことも多く、傷つく可能性が上昇します。

理不尽なことで怒られるのはHSPの人にとって、非常に耐え難いものになります。

安い商品の客層は悪い。

まず、基本は高級なもの、商品の値段が高いほど客層が良く、安い商品ほど客層が悪いです。

ですので、単価が安い職業は避けたほうがいいでしょう。

典型的なのは、マクドナルドや吉野家などのファーストフード店です。

こういったファーストフード店の客層が良いとは言えず、些細なことでクレームが発生します。

私は高校生のとき働いていましたので身にしみてわかります。

挨拶の声が小さいだけでいきなり知らないお客さんから怒鳴られることがあったり、「あの店員は愛想がないからクビにしろ」など店舗に電話がかかってきたことがあります。

私にも落ち度はありますが、客層が悪いので、多少の落ち度やマイナス面が目に入りやすく、その人の日ごろの八つ当たりの対象となる可能性があります。

そして単価が安いので、スピードで利益を上げるため、接する人数も増えるので、忙しくストレスも基本的に多くなります。

逆に単価が高い商品を選ぶお客さんは余裕があります。

余裕がありますので、些細なことでは怒りません。

「金持ち喧嘩せず」という言葉があるようにファーストフード店と比べればクレームも発生しにくいでしょう。

単価が高い分、ファーストフード店と比べれば接する人も限定されます。

そして、単価が高いので必要以上にスピードにこだわる必要はありません。

3、誰でも出来る仕事は客層や環境が悪い

誰でも出来る仕事ほど忙しく客層も悪いです。

単価が安い商品と重複しますが、ファーストフード、コンビニ、チェーン店の居酒屋などですね。

誰でも出来る=いくらでも代わりがいるという図式です。

このようにいくらでも代わりがいるので、客層はもちろん職場の人の環境も低くなる可能性があります。

そしてこれらで社員はブラック企業であることも多く、残業が100時間を越えるなど長時間労働が当たり前になっています。

4、体育会系の業種は避けろ

HSPの人で選ぶ人はいないと思いますが、体育会系の業種は避けましょう。

  • 精神論と根性論
  • 上下関係に厳しい
  • 元気な挨拶が必須
  • 毎週飲み会
  • 意識高い系

などHSPとは間逆の性質を持っています。

火と水のように間逆の性質ですので、絶対に避けましょう。

体育会系企業が多い業種としたら

  • テレビ業界
  • 銀行
  • 広告代理店
  • 新聞社

ですね。

あなたがHSPなら惹かれていないと思いますが、念のため記載します。

5、もし、合わない職場ならすぐ辞める。

合わないと感じたらすぐに辞めたほうがいいでしょう。

雇う側としても、中途半端に働いて辞められるよりも教育に時間を使う分すぐに辞めてもらったほうが気楽です。

6、わがまま放題にならないこと

劣悪な環境であれば、すぐ辞めたほうがいいですが、あれもやだこれもやだとわがまま放題になるのは違います。

「私は繊細だから仕方ない」と開き直りすぎるのも問題というかただの甘えです。

私も過去そうでしたし、気持ちはわかりますが、ある程度の歩みよりは行いましょう。

自分の繊細な性格を理解した上で、知恵を使い仕事を選ぶのです。

7、文章や読書が好きならライターがおすすめ

すぐに多くのお金は稼げませんが、人と関わらず、文章や読書が好きならライターが現実的におすすめです。

別に完璧な文章は必要ありませんし、徐々にうまくなればいいのです。

そして、ライターになるのには、学歴も資格も何もいりません。

60歳のライターの人もいます。

主婦の方であれば子供を育てながら在宅ワークが出来ます。

最初は数万しか稼げませんが、文章を書くのが得意であれば、何倍も稼ぐことが可能です。

HSPは繊細な分、無神経な人に比べれば良い文章を書く素質は高いと私は思っています。

やってみてわかりましたが、キレイすぎる国語辞典のような文章よりも、想いや経験が入っている文章の方が重宝されます。

あなたがHSPなら後者ですよね?

 

無料で3分で登録できます。

向いていないと感じたのなら辞めればいいのです。

 

そして在宅ワークなので、人間関係で苦労することもありません。

 

初期費用など一切お金はかかりません。

以下はテレビや新聞でも紹介されている日本で一番有名なクラウドサービスです。

⇒ 在宅ワークならクラウドワークス(1分で登録完了)

まとめ

HSPが芸術家になれれば理想です。

しかし、現実的にすべての人が芸術家になるのは難しいでしょう。

そのためにまずは、客層で仕事を選ぶことです。

書いた通りHSPに合わないこと、合わない職場や人間を回避します。

仕事を選ぶ際に闇雲に仕事内容だけで決めるのではなく、その仕事をイメージして知恵を働かせるのです。

知恵を働かせることで、何も考えないよりは悪い職場ですぐに辞めてしまう可能性を下げます。

多少の歩みよりは必要ですが、もし合わない職場ならすぐに辞めればいいでしょう。

文章や読書が好きならライターがおすすめです。

求められるのは几帳面できれいな文章ではなく、想いや感情が入った文章ですのでHSPの感性を発揮して書くことが出来ます。

在宅ワークですので、人間関係で苦労することもないでしょう。

あなたが読書が好きだったりするのであれば、一度トライしてみる価値はあるでしょう。

「向いていない」と感じたら辞めればいいのですから。

⇒ 在宅ワークならクラウドワークス(1分で登録完了)

追伸

「自分の長所がわからない」

「自信が持てない」

という方はこちらを読むと心が安定します。

「自分の長所が分からない」を無料で解決する方法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です